■  ほくろの豆知識A



・からだのどの部分のほくろを心配すればいいのでしょう。
 誰にでもどこにでも、ほくろってありますよね。

あまり良くないと言われている場所は、手のひら、足の裏、陰部、唇、口の中、爪などです。出来るだけ早く診察を受けておけば安心です。変化があったときではおそい場合もあります。チャームポイントになるほくろに比べて、そのほくろをコンプレックスの原因として嫌う方も多いです。

同じ場所でも、ストレスに感じる場合は、除去したらいい結果が出るといえますよね。そのほかにも。見えないところだけど、ほくろが衣服などでこすれて傷つけてしまったりする場合もあります。衛生的にもよくないですので、除去することをお勧めします。又、髪の毛の中にある場合もブラッシングなどが危険ですよね。こんなときにも切除をお勧めします。


・ほくろ除去に保険は利きますか?

ほくろ除去に健康保険が適用されるのは、ほくろ除去をする医師の判断によって決まるとも言えます。複雑な判断が必要だからですが、その場合にも圧程度のラインはあります。

まずは、目的です。ほくろの危険性など、あるいは生活上の支障の面、美要目的とは違うなどが、判断されます。しかし、個々の病院によってその方針に差がありますので、事前に伺っておきましょう。

また、治療法によっても異なります。通常はレーザー治療は保険の適用外になりますが、これも病院やドクターにより適用状況も異なっていますので、その相談内容に、保険適用内をお願いしてみる方法もあります。

ほくろ治療はかなり望む方が多いのですが、保険が利かないとやはり二の足を踏むのが実情です、このあたりに十分対応できる力があるお医者様であれば、施術の実力も信頼できるのではないでしょうか?


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 原因と種類
  ★ シミ・ソバカスとの関係
  ★ ほくろの豆知識@
  ★ ほくろの除去について