■  治療の費用と時間



ほくろ治療の費用は定められたものではありませんので、まずは始めにきちんと確認しましょう。病院やクリニックによってきちんと明示されたところとそうでないところがありますので、気をつけねばなりません。

一般的には、あらかじめ料金が提示されている所は良心的で、信頼出来るとおもいます。とくにほくろ除去には、保険が利く場合もあるのですが、適用されない場合はすべてが自費診療ですから、その点が料金が定まらない理由になるのですね。気をつけてください。

また、施術法も様々なケースがあるし、ホクロの状況で最適の治療方法が決まるのですが、それだけ、治療方法(除去方法)は各種あるといえるでしょう。たとえば、レーザー治療だけでも4種類はあります。事前に価格と一緒に確認することをお勧めします。保険が適用されるほど大きなほくろの場合の手術時間は、10分から20分程度です。

抜糸は5〜7日後が普通ですが、洗顔やメイクは抜糸の翌々日間では我慢してください。これらについても、きちんとした事前の相談と指示を受けておきましょう。

また、手術後の保証賀されるかどうかも大事なところです。ほくろ除去の初回治療から一年間保証というクリニックもありますので、確認するといいですね。

治療は、ほくろの部分に局所麻酔をしてからレザーを照射しますが、深い部分まで色素細胞が残っている場合は完全に色素がなくなるまでレーザー照射を繰り返さねばなりません。

ですから、ほくろが完全になくなるまでには、そのほくろの大きさと深さによって変わります。でも概ねは、数秒から1分程度と短時間ですね。施術後1週間ほどはカーぜをあてるなどしますが、1週間ほどでかさぶたは取れ、その後は、日焼けに注意するんですよね。そして、ほくろが取れた後が少し凹む場合がありますが、半月もすればほとんど目立たなくなります。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 原因と種類
  ★ シミ・ソバカスとの関係
  ★ ほくろの豆知識@
  ★ ほくろの除去について