■  赤いほくろ?!



ところで皆さん、ある日自分の顔や手足に赤いほくろが出没しているのを見た事がありませんか?びっくりして皮膚科を受診される方も多いそうですよ。

実はこの赤いほくろ、実際にはほくろではありません。この出来物は「老人性血管腫」と呼ばれるもので、ほくろと同様、良性の腫瘍です。時に単なる血豆の場合もあるそうですが、腫瘍のすぐ横の皮膚を自分で抓んでみるとすぐにはっきりします。老人性血管腫の場合だと、抓んでいる時は赤が消えて肌と同じ色になりますが、放すと血が流れ込んで再び赤くなります。

これは、毛細血管の増加と拡張によって赤血球の持つヘモグロビンが目立つ状態により出来るものだと言われています。直径5o位までの小豆のような小さい赤い半円球のブツブツで、胴体を中心に全身に散らばって現れます。その原因はまだ解明されていないそうですが、肌の老化が大きな要因となっているらしく、加齢とともにその数は増加する傾向にあるようです。ただし、体質にも大きく関係しているようで、10代や20代で発症する人も少なくありません。老人性とは名ばかりで、現実には30代から40代になると、自然と表れだすようですよ。そこで、昨今では、「さくらんぼ状血管腫」と呼ぶようになりつつあるそうです。色の白い人ほど出来やすいという噂もあります。

完全良性なので、特に気にする事はありません。通常は放置しておく場合が殆どです。ただし、出来る部位によって気になる場合は、ほくろと同じく、レーザー除去が可能です。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 原因と種類
  ★ シミ・ソバカスとの関係
  ★ ほくろの豆知識@
  ★ ほくろの除去について